からだの不思議LV???

Archive for 1月 2012

  • In: 病気のサイン
  • 生活不活発病 はコメントを受け付けていません。

明けましておめでとうございます鏡餅
皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげますニコニコ

今年初めてのブログになりますが、皆さんはお正月をいかがお過ごでしたかはてなマーク
お正月だらだらし過ぎて、仕事が始まる頃には疲れている方もいらっしゃるでしょうか・・。
それは「お正月疲れ」というものですよガーン
普段の生活と違い、だらだら・ゴロゴロしてお正月を過ごしてしまうと、自律神経のバランスが崩れて、余計に疲れてしまうんですねあせる
今日から3連休の方は、少しからだを動かしてリセットしましょうねグッド!
さて、今日は「生活不活発病」の事です。
以下参照ください。(YAHOO!JAPANニュースより引用)

右矢印右矢印右矢印
東日本大震災で被災した宮城県南三陸町で、長時間体を動かさないことで日常動作が困難になる「生活不活発病」の疑いのある高齢者(65歳以上)が調査対象の2割を超えることが、町と国立長寿医療研究センター(愛知県)の共同調査で分かった。

調査の中間集計で判明した。介護を受けていない高齢者2702人の健康状況を分析した結果、「震災後、歩くのが難しくなり、今も回復していない」と答えた人は572人で、全体の21.2%に達した。
仮設住宅入居者は震災後、871人中339人に歩行困難の症状が現れた。このうち261人は回復せず、生活不活発病とみられる高齢者の割合は30.0%に上った。内訳は町内が181人、町外が80人。
在宅の高齢者も1831人のうち311人(17.0%)に、同病の疑いがあることが判明。被災した沿岸部が164人を占めたが、直接被災していない内陸部でも107人いた。みなし仮設などの町外住宅は40人だった。

生活の不活発化の理由としては「することがない」「外出が少なくなった」「疲れやすくなった」との回答が多い。被災していない地域では、スポーツや趣味を遠慮する傾向も目立つという。

調査した同センター生活機能賦活研究部長の大川弥生医師は「元気だった人にも頻発しており、深刻な事態だ。いったん歩きにくくなるとさらに動かなくなり、症状が悪化する悪循環に陥る」と指摘。予防や症状改善に向けた早期対策を訴える。

対策のポイントとして、地域や家庭で高齢者の参加機会を増やすことを挙げ「日常生活の中で自然に頭と体を使うのが基本。高齢者が知恵と能力を発揮し、充実した生活を送れるよう周囲の工夫が重要だ」と語る

[生活不活発病]廃用症候群とも呼ばれる。全身の心身機能が低下し、筋力が弱くなったり疲れやすくなったりする。頭の働きが鈍くなり、認知症のように見えることもある。災害時、高齢者に起こりやすいとされる。
左矢印左矢印左矢印

震災した地域の方に限らず、こういう事は起きます。
「腰が痛い」や「膝が痛い」、「足がしびれる」など様々な原因で、外出や歩く機会が減ると、やはりこの様になります。

食事が偏っていたり、水分摂取が少ないなども重なると、「生活習慣病」となります。
外は寒いですが、暖かい恰好でからだが温まる位にからだを動かすと気持ち良いものですよ音譜

乾燥が強くなりますから、うがい・手洗い・マスクなどしておからだに気を付けて、良い年をお過ごしくださいニコニコ