からだの不思議LV???

立冬 福島の園児の体重の増え方

Posted on: 2011年11月8日

  • In: ブログ
  • 立冬 福島の園児の体重の増え方 はコメントを受け付けていません。

本日8日は「立冬」ですね雪

比較的暖かい日が続いていただけに、急な冷え込みは嫌ですね・・ガーン
RSウイルス・インフルエンザ・マイコプラズマ肺炎などが流行し出している様なので、「うがい」「手洗い」「マスク」などで予防に気を付けてくださいねグッド!

さて、本日気になったのが「NHK ニュースWEB」の記事です。

>>
福島県郡山市の幼稚園児240人余りについて、ことし6月までの1年間の体重の増え方を調べたところ、去年の同じ年齢層の4分の1程度にとどまっていたことが分かり、調査した小児科医は「原発事故で外遊びができず、食事の量が減るなどしたのではないか」として、追跡調査の必要性を指摘しています。

郡山市の小児科医、菊池信太郎医師は、市内の2つの幼稚園の4歳児と5歳児のクラスに通う245人の体重の増え方を調べました。
その結果、ことし6月までの1年間に増加した体重は平均で0.81キロで、去年、同じ年齢層で測定した増加幅、平均3.1キロの26%にとどまったことが分かりました。
このうち、5歳児クラスの体重増加の平均は0.84キロで、厚生労働省が去年、全国で行った発育調査の平均の1.8キロを大きく下回っていました。

菊池医師によりますと、調査は原発事故の3か月後のものですが、幼稚園でも家庭でも外遊びができない状況が続き、ほかに要因が見当たらないことから、事故が影響して、体重の増加幅の減少につながった可能性があるということです。
菊池医師は「外遊びができずに運動量が減り、食欲がわかなくなって食事の量が減ったり、我慢を強いられる生活にストレスを感じ、成長ホルモンの分泌に変化が起きたりしたのではないか。
一時的なものであれば回復すると考えられるが、成長の停滞が長引かないよう、追跡調査を行って対策を講じるべきだ」と指摘しています。

また、幼稚園の赤沼順子主任教諭は、「子どもたちは一見元気そうですが、ストレスを心の奥に押し込めて、実は、体は悲鳴を上げているということかと思いました。
子どもたちが思い切り遊べるような場を地域に作ってほしいです」と話していました。

子どもの発育や発達に詳しい、山梨大学教育人間科学部の中村和彦教授は、「事故から3か月の期間であっても、子どもたちの発育への影響は大きいと思う。
幼少期には体の運動能力と認知的な能力、それに情緒や社会性といった能力が互いに関わりあいながら成長している。
このため、体重の停滞が長く続くと、体の発育だけでなく機能の発達にも影響が出るおそれがある。さらに詳しいデータを集めて現状を分析し、子どもたちにどんな環境を整えればいいのか、早急に検討すべきだ」と話しています。
>>

間もなく震災から8ヶ月経とうとしていますが、まだ終わっていないんですよな。
いや、終わる事はないのかもしれませんが、せめて子供の未来を守れる大人でいたいと思った本日でした。。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。