からだの不思議LV???

うつ病が血液検査で診断可能に、血中タンパク質の構造パターンがカギ

Posted on: 2011年8月31日

うつ病の診断は、これまで患者の自己申告を元に医師の見立てによって病名を定めるという主観的なものでした。
しかし広島大学の研究グループが発見したうつ病患者に特有の血中タンパク質の構造パターンが指標となり、今後は客観的に診断を行われるようになるのではないかとみられています。

詳しくはこちらで ⇒ 【Gigazine】http://gigazine.net/news/20110831_depression_diagnosis/

 

ハートダイヤクラブスペード

 

これは、すごいグッド!
精神疾患の扱い方が変わるビックリマーク治療法も変わるビックリマーク
科学は、進歩してるんだなーニコニコ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。