からだの不思議LV???

第六の味覚「脂味」の存在が肥満予防の鍵となるかもしれません

Posted on: 2010年3月13日

 
 
 人間の味覚は化学物質の受容に基づく感覚で、5つの基本味(甘味・酸味・塩味・苦味・うま味)が味蕾の味覚受容体細胞の先端にある化学受容体を介して膜電位の活性化を引き起こすことにより、「甘い」「酸っぱい」などと認識し、「食べられない」「毒である」と判断したり、基本味を他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張した「風味」を「おいしい」と感じたりします。

 その5つの基本味のほかに、第6の基本味である「脂味」が存在することが明らかになりました。この「脂味」に敏感かそうでないかが体重と関係しているとのことで、肥満対策の鍵となると期待されています。

詳細は以下から
【Gigazine】
/http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100312_fat_is_the_sixth_taste/

ハンバーガーおにぎりどんぶりパンショートケーキバースデー

 科学が進んで色々と解明されてきていますね~。
でも、何を食べるか、どう生きるか選択するのは、自分なんですよね。
 【医食同源】【身土不二】【地産地消】など田舎で暮らしていると当たり前の様に感じていたのに、都会で暮らすようになると、選択肢があり過ぎて・・・なかなか難しい様に思います(´ヘ`;)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

杉並区 荻窪駅北口~徒歩0分
[カイロプラクティック・整体・骨盤矯正・耳つぼ]
からだメンテナンス【かみむらカイロ】

kamimurachiro

Twitter アップデート

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。